01
1
3
4
7
8
9
10
12
13
14
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ご訪問ありがとうございます♪

楽天トラベル 日本最大級の総合旅行サイト

格安航空券+ホテル♪

高速バス・夜行バス空席照会から予約まで
24時間オンラインで!

レンタカー料金を比較して即時に予約可能!


1泊無料、お部屋のアップグレード、特典や割引など得をする連泊プラン!


初めてでも安心・行き先指定自由など多様な送迎プラン!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓ブログランキング参加中。よろしければバナーをクリックお願い致します♪ FC2 Blog Ranking

オダギリジョー初日舞台挨拶、日韓の女性に好かれるイケメン俳優出演「マイウェイ」

マイウェイ初日舞台挨拶新宿バルト9
過酷なロケだったことがうかがえるオダギリジョーのコメント!?なんちって

「マイウェイ12,000キロの真実」舞台挨拶でカン・ジェギュ監督来日
去る14日、映画「マイウェイ 12,000キロの真実」初日舞台挨拶が新宿バルト9で開催され、カン・ジェギュ監督をはじめオダギリジョー、夏八木勲、佐野史郎、鶴見辰吾ら日本人キャストが登壇した。上映終了後の舞台挨拶ということもあり、涙ぐんでいる観客も多い中、撮影の舞台裏が語られた。最後、監督はオダギリから映画にちなんで走行距離を管理できる赤い色のスニーカーをプレゼントされ感慨に浸る場面もみられた。主演を務めたオダギリは「長い間ひとつの作品に携わることはあまりないのですが、振り返っても涙は出ず(笑)、感無量で安心すると共にどこか脱力している」とし、「この映画が、きょうから皆さんの力で育っていくことを望んでいる」と語った。また監督は「今回も戦争映画だったので、どうやったら女性に見てもらえるだろうと考え、日本と韓国両国の女性に好かれるイケメン俳優に出演してもらった」と話し会場の笑いを誘い、また「長い時間をかけて準備して皆がベストを尽くした作品。今K-POPや韓国ドラマが日本の皆さんに受け入れられているが、この映画がお互いをより理解しあうきっかけになるとうれしい」とメッセージを送った。そのほか佐野史郎も「映画は国境を超えると言いますがまさにその通りだと思った」とし、「日本と韓国の友好にちょっとは貢献できたかなと思っている」と笑顔を見せた。
WoW!Korea 2012年1月16日

映画『マイウェイ 12000キロの真実』公式サイト
1.14(SAT) 公開された、映画『マイウェイ 12000キロの真実』公式サイト。監督カン・ジェギュ(『シュリ』『ブラザー・フッド』)出演オダギリジョー、 チャン・ドンゴン、ファン・ビンビンほか。あらすじ、ストーリー、みどころ、特別動画(7分以上のダイジェスト映像やメイキング映像)、劇場案内、インタビュー、プレゼント、フォトギャラリーなど最新情報随時更新中。


スポンサーサイト
↓ブログランキング参加中。よろしければバナーをクリックお願い致します♪ FC2 Blog Ranking

theme : ★韓流スター★
genre : アイドル・芸能

オダギリジョー&チャン・ドンゴン 壮絶すぎる!『マイウェイ』戦闘シーン

マイウェイ 未公開スチール
映画公開から一夜明け・・・
オダギリジョーの笑顔がカッコヨス!イケメン俳優チャン・ドンゴンとオダギリジョーが撮影現場でスタッフたちと一緒にサッカーをして親睦を深めているロケ地未公開スチール。


壮絶すぎる!映画『マイウェイ…』の戦闘シーン映像解禁に
実話を基に、日本・ソ連・ドイツの3つの軍服を着ることになった男の数奇な運命を描いた映画『マイウェイ 12,000キロの真実』。本作で展開される戦闘シーンの中で最も過激と言われている、満州(現中国)ノモンハン戦の本編映像。本作では、ノモンハンにおける日本軍対ソ連軍戦、ソ連軍の捕虜となった主人公たちがドイツ軍に立ち向かう市街戦、さらにドイツ軍の一員として米軍率いる連合軍と相見えるノルマンディーの戦いと、主に3つの大きな戦闘シーンが繰り広げられる。この度公開されたのはこのうちの最初となるノモンハンの戦いの映像で、絶対的な愛国心を持つ冷酷な将校へと変貌した日本人・辰雄(オダギリジョー)が、奇襲をかけてきたソ連軍の戦車隊に無謀な突撃を強要するシーンだ。一方、もうひとりの主人公である朝鮮人青年ジュンシク(チャン・ドンゴン)も日本軍兵士としてこの戦いに参加し、上官である幼なじみの狂気を帯びた姿を目撃することになる。(中略)このシーンで重要な役割を果たすのがソ連軍の戦車だが、本物の質感を求めるカン・ジェギュ監督(『シュリ』『ブラザーフッド』)は、戦争映画の傑作『プライベート・ライアン』を手がけたスタッフに依頼してソ連式戦車を制作。そんなこだわりの姿勢によって、このリアリティ溢れる壮絶な戦闘シーンが生み出された。撮影ではケガ人が続出したというがそれも納得の激しさ。約4分にわたる今回の動画で、いち早く確認してみてはいかがだろうか。
@ぴあ映画生活ニュース

映画『マイウェイ 12000キロの真実』公式サイト
1.14(SAT) 公開された、映画『マイウェイ 12000キロの真実』公式サイト。監督カン・ジェギュ(『シュリ』『ブラザー・フッド』)出演オダギリジョー、 チャン・ドンゴン、ファン・ビンビンほか。あらすじ、ストーリー、みどころ、特別動画(7分以上のダイジェスト映像やメイキング映像)、劇場案内、インタビュー、プレゼント、フォトギャラリーなど最新情報随時更新中。


↓ブログランキング参加中。よろしければバナーをクリックお願い致します♪ FC2 Blog Ranking

theme : ★韓流スター★
genre : アイドル・芸能

"マイウェイ兵士"チャン・ドンゴン

スターニュース
映画、もう御覧になりましたか?

"CMチャドナム"チャン・ドンゴンvs"マイウェイ兵士"チャン・ドンゴン
個人的には戦争映画"マイウェイ"を面白く見た方だ。日帝植民地統治下に日本人青年(オダギリジョー)と、すべてが抑圧された朝鮮の青年(チャン・ドンゴン)が"マラソン"を使って出会うにはかなり良いチャクジョム。ここでは日中戦争、日露戦争、ノルマンディー上陸作戦にステージを変えて戦場を駆け巡るロールプレイングゲームのようなゴマ粒の楽しみ。日本俳優オダギリジョーの涼しいイメージは、考えれば考えるほどコクが出る。惜しいのは私たちの俳優チャン・ドンゴンだ。演技を取得していないではない。むしろ"友達チング"(2001年)で見せてくれたカリスマは10余年経っても相変わらず、"ブラザーフッド"(2003年)で頻繁に指摘された過剰な自意識の演技は、驚くほど物静かになった。問題は、このようなカリスマと節制された演技が観客の目にはなかなか現われないとのこと。いや、観客は、戦場で転がって苦悩して絶叫し、犠牲にするチャンドンゴンのこのような見慣れない姿を"消費"したくないのだ。消費量は、お金を与え、物やイメージを買う行為だ。持つ場合や、もって幸せそうでなければ住んでいる。これまで国民が消費してきたチャンドンゴンのイメージはこうだった。フェラーリに乗って幻想的なドライビングの腕前を発揮する"チャドナム"(LG電子の3D統合CF)または妻(他でもないコ・ソヨン!)と一緒に洗濯物を楽しむ"タドナム"(LG電子トロン洗濯機 CF)か。それとも、"漢字"が出るようにお洋服を着て、"ゴルオマンノァド新しいオトチョロム"(LG電子スタイラスCF)を叫んだ'花中年'か。このように鍛えられたCFの中のチャンドンゴンのイメージは、映画がそれなりれていて行ったことは、消費主体としての観客を、 CFのイメージに慣れている視聴者として観客を少しも動かないことができない。チャンドンゴンが"マイウェイ"で、いくら泥畑と雪原でボコボコにされた軍服を着ても、観客はどうしてもスタイラスCFでチャンドンゴンが出した指のスナップ音を見つけて、ゴーヤしまう。ひどい民族の悲しみをトルチリョ毎晩兵営を走狗長槍動かす感動的場面ですら、赤のフェラーリの残映を振り切ることができない。それにもチャンドンゴンが'友人'以後、今まで選択してきた映画は、このようなCFイメージとは裏腹地点に置かれている。"友達"と"ブラザーフッド"、"マイウェイ"はもちろんのこと、狂気じみた海岸警戒所の兵士として出てきた、"海岸線"(2002年)、北出身のハンソリン海賊として登場した"台風"(2005年)、光より速い超人的奴隷として出てきた"無極"(2005年)まで。このような歩みはもちろん、デビューのころTVドラマ"われらの天国"(1992年)や"最後の勝負"(1994年)から得られた"ただハンサムなタレント"から抜け出そうとしていた"俳優"としての決断だ。記者は、チャンドンゴンを1994年3月の初めに初めてインタビューしたことがある。"ダスルが"シムウナと共演したMBC青少年ドラマ"最後の勝負"が超絶人気を享受していた時だった。TVで見るよりもはるかによくできた彫刻美男チャンドンゴンは、インタビューの末尾でこう語った。"そのように望んだ学校(韓国総合芸術学校)に通っていると考えると胸胸がいっぱいです。他の考えで演技の勉強だけエネルギーを消耗充電の時間をたっぷり持って欲しい。まだ演技の"年"寝ても分からないヘトビョンアリんですよ。" 勝負は1〜2回投げなければ本当の勝負だ。"演技"の、"変身"のチャンドンゴンのこのような意志と風を入れた勝負の賭けは、"友達"と"ブラザーフッド"で十分だった。観客が急いでお金を出して劇場で消費したいチャンドンゴンの"もう一つの選択"を期待する。
スターニュース 2012.01.14

●映画『マイウェイ 12000キロの真実』公式サイト
1.14(SAT) 公開された、映画『マイウェイ 12000キロの真実』公式サイト。監督カン・ジェギュ(『シュリ』『ブラザー・フッド』)出演オダギリジョー、 チャン・ドンゴン、ファン・ビンビンほか。あらすじ、ストーリー、みどころ、動画、劇場案内、インタビュー、プレゼント、フォトギャラリーなど最新情報随時更新中。


↓ブログランキング参加中。よろしければバナーをクリックお願い致します♪ FC2 Blog Ranking

theme : ★韓流スター★
genre : アイドル・芸能

プロフィール

真山リカ

Author:真山リカ
チャン・ドンゴンブログ。チャン・ドンゴン最新画像・最新動画・壁紙・最新情報更新。TOKIO、ジョニー・デップ、稲葉浩志(B'z)、カン・ドンウォン、オダギリジョー好き♪
2008年8月にFC2ブログ名を「青春スーツ☆」から「青春スーツ☆チャン・ドンゴン」に変更。
旧「青春スーツ☆(gooブログ)」
→こちら

楽天市場・韓流専門店

ショップ名やバナーをクリックすると画面が開きます ↓
【韓国コスメ 韓屋】
韓国の高品質フェイスパックをお手頃価格で販売しています。dermal(ダーマル)を直輸入で低価格販売♪

【韓グルメ】
韓国雰囲気を自宅で味わう♪韓国食品ならなんでもOK~!品質と仰天サプライスで価格を打ち破る!工場直の価格を実現!

【韓流ショップ】
韓国輸入雑誌、輸入韓流グッズ、韓国音楽、映画の商品揃います

★★楽天の特典付き★★


最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

楽天デイリーランキング

★韓流特集リンク★

画像をクリックすると amazonの画面が開きます


ネットで楽々ショッピング♪

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。